訪問看護

訪問看護とは?自宅療養サポートなどサービス内容やメリットを紹介

投稿日:2019年6月17日 更新日:

「訪問看護ってどんなサービス?」「どんな看護をしてくれるの?」など、訪問看護のサービス内容についてよく知らない方は多いです。

訪問看護とは、療養生活を送る方の自宅に看護師が訪問し、医療・介護面のサポートや相談をおこなうサービスです。医療保険・介護保険が使えます。ここでは訪問看護について紹介します。

訪問看護とは?

「病気があるけど家で暮らしたい」「家族だけでお世話できるか不安」など、自宅療養する方のお宅へ看護師が訪問し、病気や障がいへの看護をおこないます。

回復のためのサポートや健康状態のチェック、日常生活のアドバイスなど、様々なケアを実施します。

病院の医師やケアマネジャーと連携し、医療機器などを使いながらでも、住み慣れた家で過ごせるよう家族も含めた支援をします。

訪問看護の利用例

訪問看護は、年齢や症状・障がいの程度にかかわらず、赤ちゃんから高齢者まで利用できます。主に次のような方が利用しています。

  • 自宅療養中で、医療処置が必要
  • 日々の生活に介助が必要
  • 障がいや体力低下がある
  • 退院後、自宅でのひとり暮らしなどが心配
  • 最期を自宅で迎えたい

訪問看護のサービス内容

訪問看護では、次のような幅広いサポートをおこないます。看護師は、介護職ではできない医療行為の一部がおこなえるため、より重い症状の方に対応できます。さらに一部の介護領域もカバーすることで、医療と介護両方への貢献が可能です。

日常生活の看護

  • 健康状態のチェック
  • 内服薬の管理
  • 食事のケア
  • 入浴・着替えなどのサポート
  • 療養環境の整備
  • 病状悪化の防止・回復

医療処置・管理

  • チューブ類など医療機器の管理
  • 点滴
  • 床ずれ処置
  • 医師・ケアマネジャー・薬剤師との連携
  • 緊急時の対応

リハビリテーション

  • 日常生活動作や機能の訓練・指導
  • 寝たきり予防のケア
  • 転倒などの危険防止
  • 外出や運動についての相談

精神・心理面の看護

  • 不安定時の声かけ・見守り
  • 散歩などのつきそい
  • 認知症や精神疾患のケア

その他

  • 家族への看護技術指導
  • 悩み相談へのアドバイス
  • 医療保険の説明や自治体窓口の紹介など各種サービスの相談

誰が、どのくらいの時間来てくれる?

看護が専門のプロである、看護師・准看護師・保健師・助産師が訪問します。リハビリテーションの専門である、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が訪問することもあります。

訪問看護の運営は、保健師・看護師が運営する訪問看護ステーションや保険医療機関、民間企業の訪問看護サービスなど、様々な法人やNPO団体がおこなっています。

訪問時間は、保険の種類で異なります。

医療保険の場合、訪問1回30分~1時間半、一般的に週3回までです。
介護保険の場合、訪問1回が20分・30分・1時間・1時間半とケアプランにより分かれています。

訪問看護を利用するメリット

訪問看護は、療養中の方や家族にとって次のようなメリットがあります。

  • 医療処置があっても入院することなく、住み慣れた家で暮らせる
  • 生活の中で起こる困りごとを実際に見て、具体的なアドバイス・サポートをしてもらえる
  • 家族にはできない介護も、第三者のプロとして必要な処置を根気よくやってもらえる
  • 困ったら緊急対応してもらえる

病院で受ける医療的処置には、自宅で実施できるものもあります。あきらめず、訪問看護師に相談してみてください。

訪問看護を利用する流れ

訪問看護の利用を開始するまでの流れは次のようになっています。

  1. 主治医に相談し、訪問看護指示書の交付を受ける
  2. 訪問看護計画を立て、同意する
  3. 訪問看護ステーション等と契約する
  4. 訪問看護を実施、訪問看護報告書を主治医に提出する

介護保険の場合、要介護認定を受けていると、ケアマネジャーに相談し居宅サービス計画に組み入れることになります。病状や生活状況のヒアリングのため、事前訪問することもあります。

訪問看護にかかる費用

訪問看護にかかった費用は、原則1割~3割が自己負担になります。自己負担が軽くなる制度もあります。条件ごとの自己負担割合は、次のようになっています。

医療保険の場合

義務教育就学前:月額の2割
義務教育就学後~70歳:月額の3割
70歳以上75歳未満:月額の2割(現役並み所得者は3割)
後期高齢者医療の対象者:月額の1割(現役並み所得者は3割)

介護保険の場合

要介護認定者:月額の1割(一定以上の所得者については2~3割)

まとめ

訪問看護を利用することで、医療処置が必要だけれども自宅のベッドで眠れる、お風呂にゆっくり入れるなど、住み慣れた家で過ごせます。家族の心配事もその都度相談できるため、自宅療養の大きな手助けになります。

訪問看護ステーションでは病棟や施設など、様々な経験を持つ看護師が働いています。訪問看護では、緊急対応の多い多忙な病院の現場よりも、ゆっくり働けることが多いのが特徴です。

子育て中などの時短勤務も可能な職場も多いです。看護師の人手不足は深刻で、求人は常に多数出ており、転職先が見つからないということはまずありません。条件の良い転職をしたいナースには、訪問看護への転職もおすすめです。同じ看護の仕事でも、様々な職種を見てみてください。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-訪問看護

Copyright© メディケアナース , 2020 All Rights Reserved.