ニュース・休日のヒント

20代女性向け健診ギフトチケット「ファーストYOU健診」で初めての健診を後押し

現代女性の健康問題解決を目的に、医療コンサルティングや女性医療に関するプログラムや事業 を企業と共に開発する株式会社「ファムメディコ」は、ピンクリボン月間における健診の推進活動の 一環として、新たに20代向けの「YOU健診ギフトチケット」の展開を開始した。 また、初めての健診を受診するきっかけづくりや後押しとなるような取り組み「ファーストYOU 健診」を展開していくそう。

2021年3月、YOU健診をオールインワンで受けられる女性専用健診施設として『クレアージュ東京 レディースドッククリニック』が有楽町に開院。4月には健診プランを大切な人へ贈 ることができる「健診ギフトチケット」を展開し、7月には法人向けの販売も開始。30代・40代 を対象としたYOU健診ギフトチケットは贈り物や福利厚生などによって展開されてきた。

今回、まだ婦人科検診などの経験のない20代や若い世代におけるYOU健診の需要の高まりから、 20代向けにも「YOU健診ギフトチケット」の展開をスタートする事が決定。このチケットは、 YOU健診実施施設である「クレアージュ東京 レディースドッククリニック」にて販売される。世代を問わず“健診を贈る”新たな習慣を拡げ、より多くの女性に健診機会を届けていくことを目的としている。

【20代におすすめのYOU健診】商品名:ギフトチケット 子宮・卵巣、大腸、乳房の検査

女性の罹患率が高い3つのがん(乳がん、子宮がん、大腸がん)に加え、子宮内膜症や子 宮筋腫など、女性特有の疾患を総合的にチェックすることができる検査。乳房の検査 において、20代は乳腺が発達しているため、乳房超音波を推奨している。

検査項目:便潜血(2日法)、婦人科診察、子宮頸部細胞診、経腟超音波、乳房超音波 価格:25,300円(税込)
販売元:クレアージュ東京 レディースドッククリニック

https://creage-tokyo.stores.jp/

初めての健診の疑問や体験談が集まる #ファーストYOU健診

YOU健診をさらに多くの方々に知っていただくアクションとして「ファーストYOU健診」と称 して健診を初めて受診する後押しとなるような情報発信や取り組みがスタート。 YOU健診 Twitterアカウント(@you_kenshin)では、女性に多い疾患や症状に関する情報発信の ほか、初めての乳がん、婦人科検診に対する不安や疑問、そして健診の体験談や推奨する声を集 約し、健診について一緒に考え、後押しすることを目指している。

YOU健診オリジナル調査 「女性に必要な検査、すべて受けてますか?」

女性に必要な健診「YOU健診」受診者はわずか4.8%

女性の罹患率・死亡率が高い3つのがん(乳がん・子宮がん・大腸がん)検査に加え、子宮内膜症や子 宮筋腫などを調べる経腟超音波検査をすべてを受診したことのある経験者の割合はわずか4.8%に留まる結果になったのだそう。

世代別/検査項目別の検査実施率

検査項目別にみてみると経腟超音波検査、HPV検査、大腸内視鏡検査といった企業、自治体健診では補 助の対象外となっている項目で特に受診率が低い傾向にあることがわかります。中でも20代から40代の 3人に1人は何等かの子宮疾患を罹患すると言われているにも関わらず、子宮や卵巣を調べる経腟超音波 検査については、全年代の平均受診率は24.3%でした。罹患のリスクに備えて、ご自身に必要な検査を ご自身で追加して受診することも大切です。

30代で乳がん検診を毎年している人はわずか10%に満たない

30代で乳房超音波検査やマンモグラフィを受診したことがある人は、共に30%を超えている一方で、毎年検査をしている人は10%に満たないという結果となりました。自治体検診では、2年に1度の推奨と なっているため、毎年受診をする必要がないと思っている人も多いのではと考えられます。

page5image22101440

9人に1人が罹患する日本女性に最も多いがん

10月は乳がん啓発「ピンクリボン」月間です。YOU健診で も女性が気を付けるべき部位として「乳房」を対象にしてい ます。国内の乳がん患者の発症率は増加傾向にあり、年間9 万1605人(2017年)と女性がかかるがん全体の21%を占め日 本人女性に最も多い悪性疾患です。現在、生涯で乳がんを罹 患する割合は10.6%であり、 9人に1人が乳がんを発症する とされています。

・女性でもっとも罹患者数が多いがんであることを知っている: 知ってる30.3% / 知らない69.7%

・乳がんにかかる人は30代から急激に増加し、40代がピークとなる: 知ってる27.7% / 知らない72.3%

(オリジナル調査 出典:がん対策推進 企業アクション)

20代後半から罹患数が増加し、 40代に発症のピークを迎える「マザーキラー」子宮頸がん

日本で「がん」は、2人に1人が生涯で一度は経験するという身近な病気だと言われており、通常がんは 年齢が上がるにつれて罹患率が高くなります。しかし、子宮頸がんにおいては「マザーキラー」ともよ ばれ、20〜30歳代の子育てや仕事に忙しい若い年代から罹患数が上昇します。子宮頸がんの原因は、ヒ トパピローマウイルス(HPV)というウイルスへの感染です。HPVは性交渉で感染するウイルスであり、 性交渉の経験がある女性の8割が生涯で一度は感染するといわれているくらい、身近なウイルスです。 子宮頸がんは20代後半から罹患数が増え、40代には罹患数のピークを迎えます。まだ若いから大丈夫と 思わず、自らのからだを守るために検診を受けることが非常に重要です。

・子宮頸がんの主な原因がヒトパピローマウイルス(HPV)の感染であると知ってる:知っている36.3% / 知らない63.7%

・HPVは性交渉によって感染することを知っている:知ってる43.3% / 知らない56.7%

(オリジナル調査)

ファムメディコ コメント

上記の通り、乳がんや子宮頸がんといった女性特有の疾患について、発症率や発症メカニズムを理解し ている女性は3人に1人程度と非常に少ないことがわかりました。このような疾患に対する認知・理解 不足が女性の検診実施率低迷の一因となっているとファムメディコは考えています。 『まだ若いから大丈夫』『自分には関係ない』『症状がないから健康』といった認識を是正し、検診の 必要性を理解してもらうために、引き続きYOU健診セミナーを実施してまいります。

※YOU健診オリジナル調査:ファムメディコ調べ(インターネット調査 対象者:20-40代女性 n=300※20-40代各n=100)

<YOU健診実施施設>クレアージュ東京 レディースドッククリニック

クリニック名 :クレアージュ東京 レディースドッククリニック

所在地 :東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17F

アクセス :JR有楽町駅徒歩1分(中央⻄口・日比谷口)、日比谷駅直結(A3出口) 総院⻑ :浜中聡子
外来 :婦人科、乳腺外科、消化器内科

健診受付時間 :8:30〜16:30
休診日 :日・月曜日・祝日

電話番号 :0120−815-835(9:00〜16:00)

HP

「ファムメディコ」会社概要

会社名:株式会社ファムメディコ

所在地:東京都千代田区丸の内2丁目7番2号 設立日 :2019年11月14日

事業内容:医療コンサルティング事業

 HP

〇プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000066330.html

※本記事のお問い合わせは情報配信元にお願い致します