転職・キャリア

介護サービスの種類(居宅・施設・地域密着型)と内容を解説

投稿日:

介護サービスには、訪問看護やデイサービス、老人ホームなど非常に多くの種類、形態のものがあります。

こちらの記事では、現在の介護サービスにはどのようなものがあるのか、それぞれの種類や概要などについてまとめてご紹介します。

介護サービスの種類は3つ

介護サービスには数多くのものがあり、大きく分類すると「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3つになります。それぞれご紹介しましょう。

居宅サービスとは

自宅で生活している要支援・要介護の方を対象とした、介護保険による介護サービス全般を居宅サービスと呼びます。

居宅サービスは非常に数が多く、そのなかでもさらに次の4種類に分類されます。

訪問サービス

自宅で生活する要支援・要介護者を訪問し、食事や排せつといった介護、買い物や掃除などの生活支援、健康管理などの看護を提供するサービスです。

訪問看護や訪問介護、訪問リハビリテーションなどがこれに含まれます。

通所サービス

自宅から施設に通ってもらい、日帰りで機能訓練や健康チェック、食事などを提供するサービスです。

通所介護、通所リハビリテーションなどがこれに含まれます。

短期入所サービス

要支援・要介護者を短期で施設に受け入れ、食事や排せつなどの介護、健康管理や衛生管理指導といった看護などを提供するサービスです。

短期入所生活介護や短期入所療養介護がこれにあたります。

その他

福祉用具のレンタルおよび購入費の支給、住宅のバリアフリーリフォーム費用の支給など

施設サービスとは

「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護医療院」「介護療養型医療施設」など、施設に入所する要介護者に対して提供されるサービス全般を指します。

特別養護老人ホームではおもに食事や排せつ、入浴といった介護などが提供されます。一方、介護老人保健施設や介護療養型医療施設などでは医学管理下での介護やリハビリ、療養の管理や看護といったサービスも提供されます。

地域密着型サービスとは

中重度の要介護高齢者や認知症高齢者などが、できるだけ住み慣れた地域で生活できるように、市町村指定の事業者が提供するサービスです。

地域密着型サービスは、次の3種類に分類されます。

訪問・通所サービス

居宅サービスでも紹介したものと同様、自宅に訪問、もしくは通所により利用できる介護サービスです。

複数の居宅サービスや地域密着型サービスを組み合わせて提供される「複合型サービス」というものもあります。

施設・特定施設サービス

特別養護老人ホームや有料老人ホームに入居する要支援・要介護者に対し、食事や排せつなどの介護、買い物・掃除などの生活支援、リハビリや看護などを提供するサービスです。

認知症対応型サービス

自宅から通う、もしくはグループホームに入居する認知症の方に対し、認知症のケアや買い物・掃除などの生活支援を提供するサービスです。

居宅サービスの種類

居宅サービスと分類される介護サービスにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

訪問介護(ホームヘルプサービス)

要介護者の自宅に介護福祉士(ケアワーカー)や訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問し、食事や入浴、排せつなどの身体介護や生活支援などをおこなうサービスです。

要介護状態にある方でも、自宅で自立した生活を送れるように支援することを目的としています。

訪問であれば高齢者は住み慣れた自宅での生活を継続でき、また家族としても介護の負担を減らせて、施設入居よりも費用が安いなどがメリットといえます。

訪問入浴介護

寝たきりなどの理由で、自宅での入浴が困難な在宅の要介護者を訪問し、専用の浴槽を持ち込んで入浴介護をおこなうサービスです。要介護1以上の高齢者を対象としています。

一般的に入浴は介護職員2人、看護師1人の3人でおこなわれます。血圧が高いなど体調の優れない場合は、蒸しタオルでの清拭や足浴に切り替えることも可能です。

訪問看護

訪問介護は要介護者の自宅に介護福祉士(ケアワーカー)や訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問するのに対して、訪問看護は看護師が訪問するサービスです。

病気や障がいがある、もしくは医療機器を使用していても、自宅で最期まで生活できるように生活の支援をおこなうことが目的です。

訪問看護師は主治医の指示を受け、もしくは連携を取り健康の維持や回復、病気の予防やQOL(生活の質)向上のための支援や、ご家族のケアまで幅広くおこないます。

訪問リハビリテーション

要介護者の自宅にリハビリ専門員(作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など)が訪問し、主治医の指示のもとリハビリや診療の補助、療養上のケアなどをおこなうサービスです。

利用対象者は、要介護1以上で主治医が以下のような理由から訪問リハビリテーションの必要性を認めた場合となります。

  • 言葉がはっきり話せず会話に支障がある
  • 筋力の低下により歩行に不安がある
  • マヒや拘縮がある
  • 食べ物がむせやすい
  • 日常生活において困難な部分がある

など

居宅療養管理指導

通院の困難な要介護者の自宅に医師、薬剤師、歯科医、管理栄養士などの専門職が訪問し、療養上の指導や健康・服薬管理などをおこなう介護サービスです。

通院の難しい方や寝たきりの方などを対象としており、職種によって月ごとの利用回数が定められています。それぞれの提供サービスや回数はつぎのとおりです。

医師/歯科医

療養上の指導や健康管理、服薬方法や副作用の指導のほか、在宅介護でのアドバイスなどをおこなう。利用は月2回まで。

薬剤師

医師や歯科医の指示に基づき、自宅までの薬の運搬、服薬状況や管理方法の確認、服薬に関するアドバイスなどをおこなう。病院や診療所勤務の薬剤師は月2回。薬局は4回まで。

歯科衛生士

歯科医の指示に基づき、歯みがきの指導や口腔ケア、嚥下機能の維持や向上のためのアドバイスをおこなう。利用は月4回まで。

管理栄養士

医師や歯科医の指示に基づき、栄養ケア計画(食事に関する目標の計画)、食事内容や量、調理方法のアドバイスなどをおこなう。利用は月2回まで。

通所介護(デイサービス)

自宅で生活する高齢者の孤立感の解消や身体機能の維持、また家族の負担軽減などを目的とする、日帰りで利用できるサービスです。利用対象は要介護者です。

送迎により通所し、施設では介護士やほかの利用者とともに体操やレクリエーション、食事や入浴介助などを受けられます。

通所リハビリテーション(デイケア)

デイサービスと同様に利用者が施設に通所する日帰りの介護サービスですが、こちらはリハビリがメインです。要支援・要介護者ともに利用できます。

医師、看護師、リハビリ専門士などが在籍しており、日常生活の支援のほか、生活機能を向上させるための機能訓練や口腔機能向上のための指導などをおこないます。

短期入所生活介護(ショートステイ)

自宅で生活している高齢者が自立した生活を送れるように支援をおこなう介護サービスです。要支援・要介護者が利用対象となっています。

自宅にこもりがちな高齢者の孤立感の解消、身体・心身の機能維持や回復、また家族の介護の負担軽減などが目的です。

短期間の宿泊において食事や入浴の介助といった生活支援、機能訓練などのサービスを提供します。連続利用日数は30日ですが、利用者の約7割が14日間の利用となっています。

短期入所療養介護

短期入所生活介護と同様にこちらも通称「ショートステイ」と呼ばれることがあり、自宅で生活する高齢者が自立した生活を送れるように支援するサービスです。

しかし、生活介護はおもに介護士などがサービス提供をおこなうのに対し、療養介護は医師や看護師も在籍しており、リハビリや医療ケアなどの医療サービスも提供します。

施設サービスの種類

次に、施設サービスと分類される介護サービスにはどのようなものがあるのかご紹介します。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常時介護が必要な要介護3~5に該当する高齢者の入所を受け入れるサービスです。できる限り在宅での生活復帰を目指し、生活の支援、機能訓練、療養上のケアなどをおこないます。

介護サービスの提供は、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)が入居者と家族の希望を尊重し、施設サービス計画(ケアプラン)を作成、他職種と連携しながらおこないます。

料金は施設サービス費に居住費と食費、理美容代などの日常生活費などが利用者負担です。

介護老人保健施設

要介護1~5に該当し、入院治療の必要がなくリハビリを必要とする高齢者の入所を受け入れるサービスです。「老健(ろうけん)」とも呼ばれます。

病院と自宅の中間的な役割をもち、在宅復帰を前提としたリハビリ施設のため、入所可能な期間も3ヶ月~1年程度と比較的短期間となっています。

介護療養型医療施設

比較的重度の要介護者で医療措置の必要な高齢者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する、長期療養の可能な施設です。療養病床とも呼ばれます。

医療法人によって運営される場合が多いこともあり、病院と併設しているケースも多いため、病院と同等の医療処置を受けながら日常的な介護も受けられます。

地域密着型サービスの種類

地域密着型サービスと分類される介護サービスはどのようなものかをご紹介します。

夜間対応型訪問介護

24時間、利用者ができる限り自宅で自立した生活を安心して送れるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が夜間に自宅を訪問するサービスです。

「定期巡回」「随時対応」と2種類のサービスがあり、前者は夜間帯(18~8時)に定期訪問し、排せつ介助や安否確認をするもの、後者は転倒時や体調不良の際などに対応するものです。

認知症対応型通所介護

要支援・要介護で認知症の方を対象に、できる限り自立して自宅での日常生活を送れるように専門的なケアを提供するサービスです。

認知症の方を専門としたデイサービスのため、体操やレクリエーション、機能訓練など基本的な提供サービスはデイサービスと似ている部分もあります。

地域密着型のため、原則として施設と同じ市町村の住人の方のみ利用できます。

小規模多機能型居宅介護

施設への通所を中心に利用者の希望に応じて短期間の宿泊と自宅訪問を組み合わせ、生活の支援や機能訓練などのサービスを提供するものです。

この通い・宿泊・訪問サービスはいずれも1事業者が提供するもので、24時間365日、利用回数の制限なし、月額定額制(宿泊費・食費は別途)で利用できます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の方が自宅周辺にある施設でできる限り自立し、地域住民と交流をしながら生活できるよう、食事や入浴などの生活支援や機能訓練などのサービスを提供する施設です。

施設には利用者が1ユニット5~9人入居し、24時間体制で介護士に支援してもらいながら共同生活を送ります。原則として要介護の認知症の方が利用対象です。

地域密着型特定施設入居者生活介護

地域密着型特定施設として指定を受けた、入居定員30人未満の有料老人ホームなどが、生活上の支援や機能訓練等のサービスを提供するものです。

特定施設の対象施設は、市町村が管轄となる有料老人ホームのほか、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホームとなっています。利用対象者は要介護の方とその配偶者です。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

地域密着型特定施設として指定を受けた、入所定員30人未満の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)が、常時介護が必要な方の日常生活上の支援や機能訓練、療養上の世話などを提供するものです。

特定施設の対象施設は、域密着型施設サービス計画に基づいてサービスを提供する特別養護老人ホームであるという部分が「地域密着型特定施設入居者生活介護」と異なります。

利用対象者は原則として要介護3~5に該当し、施設と同一の市町村に居住する認知症の方です。

介護サービスの種類一覧表

介護サービスの種類 サービスの名称
居宅サービス 訪問介護(ホームヘルプサービス)
訪問入浴介護
訪問看護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期入所療養介護
施設サービス 介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
地域密着型サービス 夜間対応型訪問介護
認知症対応型通所介護
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

まとめ

今回は、介護サービスの種類について紹介しました。介護サービスには多くの種類、それぞれの特徴があります。

介護サービスを利用される場合は、要介護認定の申請をおこなったうえでご本人の意見も尊重し、支援・介護度に対応したサービスを比較検討されてみてはいかがでしょうか。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-転職・キャリア

Copyright© メディケアナース , 2021 All Rights Reserved.