転職・キャリア

看護師さんの美容外科・クリニックでの仕事内容は?

投稿日:

看護師さんの職場として、美容外科や美容クリニック(美容皮膚科)に就職する選択肢もあります。このような場所だと、やはり病院やクリニックなどと仕事内容が異なるものです。

では、美容の現場での看護師さんの役割やメリット・デメリットなどをご紹介します。美に関わるお仕事に興味がある方は参考にしてみてください。

美容外科・クリニックでのおもな仕事内容

勤務地によって異なる部分もあるとは思いますが、基本的な業務は以下のようになっています。

診察・診療のサポート

お客さんへの問診やオペの内容説明をおこないます。また、必要な場合の採血や点滴も看護師さんの仕事です。

手術のサポート

美容外科の場合、オペを実施することがあります。その際の消毒やサポートをおこないます。手術は美容整形(二重・鼻・輪郭・胸など)や脂肪吸引、多汗症などがあります。

医療レーザーによる施術

美容皮膚科の場合、お客さんに対し、医療レーザーマシン(脱毛器)を照射して、シミ・シワの治療や脱毛の施術もおこないます。

美容外科・クリニックで働くメリットとデメリット

つづいて、美容外科やクリニックで働く場合のメリットとデメリットをあわせてご紹介します。

メリット

給与が高め

平均月給は35~40万円といわれています。病院のように夜勤や交替勤務がないと考えると、給与も高く高待遇といえるでしょう。

夜勤・時間外の対応がない

美容外科やクリニックは完全予約制であり、病院のように診療時間を過ぎての診察や急患などもありません。そのため、時間外の対応をする必要もなく、夜勤がないため安定した生活リズムで働けます。

美容の知識が増える

新たな施術などを導入する際など、美容に関する最新情報や知識を得ることができます。また、自身も施術を受けやすい環境にあるため、美容に関心の高い看護師さんには最適な職場です。

デメリット

看護師としての経験年数に数えられない

美容外科やクリニックでの経験年数は、看護師の臨床経験に数えられない場合があります。美容の仕事を経て再度病院などに戻る予定、実務経験が必要な資格を取得したい、という場合は注意してください。

医療的な技術やスキルが落ちる可能性

美容の仕事では、病院や診療所などでおこなう患者さんへの処置や介助などを実施しません。そのため、こういった手技をしばらく使わないことで方法を忘れたり、腕が落ちたりする可能性があります。

美容外科・クリニックに必要な資格は?

美容外科・クリニックで働くために必要なのは、正看護師もしくは准看護師の資格のみです。すでに看護師さんであれば、特別にほかの資格を取得しなくても就職できます。

ただ、この仕事は受付でお客さんと会話したり、カウンセリングをおこなったりする場面が多いです。そのため、接遇やカウンセリングに関する資格やスキルを身に着けておくとよいでしょう。

まとめ

このように、美容外科やクリニックでの仕事は給与面や待遇面で優れており、美容に興味がある看護師さんにとって魅力的な職場といえます。

そのため、このような求人は人気があり競争率も高めなので、興味のある求人情報を見つけたら早めに申し込んだほうがよいかもしれません。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-転職・キャリア

Copyright© メディケアナース , 2020 All Rights Reserved.