転職・キャリア

看護師の転職における履歴書の書き方ガイド

投稿日:2019年4月26日 更新日:

看護師の転職にまず必要となるのが履歴書です。しかし、はじめて転職する場合や、久しぶりという方だと、書き方に悩んでしまうかもしれません。

そこで、履歴書を書く際の基本的なルールから、各記入項目をどう書けばよいのか、どう見られるのか、などを解説していきます。記入時の参考にしてみてください。

履歴書を書くときの基本的なルール

まず、履歴書を記入するうえで守るべき、基本的なルール・マナーについて解説します。

基本的には手書きで記入する

最近はパソコンで入力した履歴書を認めているところもありますが、基本的に手書きで記入したものが望ましいです。ボールペンかサインペンを使用し、消せるボールペンは使わないようにしてください。

名称は正しく記入する

学歴や職歴に記入する学校や病院の名前、また資格の名称は省略せず、正しい名称を記入します。たとえば高校は「~高等学校」、自動車免許なら「普通自動車第一種運転免許」などと書いてください。

西暦・元号を統一する

日付や学歴・職歴の欄などで年月を記入することがありますが、これは西暦もしくは元号のいずれかに統一してください。なお、どちらに統一しても構いません。

修正液・二重線などは使わない

少しの間違いであっても、書き間違えた場合は新しい履歴書に書き直すようにします。修正液や二重線などで訂正してはなりません。

履歴書の各項目の書き方(左側)

それでは、履歴書の各項目の書き方について解説します。まずは左半分の部分です。

日付

これは、履歴書を提出する日付(面接日)を記入します。記入した日ではありません。なお、郵送の場合はポストに投函する日付を記入します。

証明写真

証明写真機か写真館で撮影した、3ヶ月以内の写真を貼り付けます。前髪で顔が隠れないようにし、服装は白いシャツに黒系のジャケットが好ましいです。口角を軽く上げ、自然にほほえむとよいでしょう。

現住所

都道府県からアパート・マンション名、号室も省略せず、現在の住所を記入します。引っ越す予定があれば、欄外に「採用が決まりましたら、転居予定です」などと書いておくとよいでしょう。

学歴

中学は卒業年次のみ、高校以降は入学・卒業年次を記入するのが一般的です。中学は省略しても問題ありません。学校名や学部・学科は省略せず正式名称で書いてください。

職歴

病院での職歴は「入職・退職」と書きます。病院や施設名は法人名から正式名称、「◯◯科病棟勤務」など、所属部署や診療科目も記載します。

在職中の場合は「現在に至る」、退職しているなら「一身上の都合で退職」とします。正職員でない場合、「非常勤として入社」などと明記しておきましょう。

学生時代のアルバイトであっても、医療関係の仕事であれば書いておくと、より経験があることを伝えられるでしょう。一般企業に勤務した経験がある場合、そちらも記載します。

履歴書の各項目の書き方(右側)

つづいて、右半分について解説します。なお、右側は履歴書によって項目が一部異なるので、書きやすい用紙やフォーマットを選ぶとよいでしょう。

免許・資格

古いものから順に、医療と関係のない資格も記載します。ただし、英検3級など関連性が低く級数も低いものは省略したほうが無難です。

国家資格だけでなく、通信講座などの民間資格も記載できます。また、資格取得に向けて勉強中である場合も「取得予定」として記載して問題ありません。多くて書ききれない場合は、備考欄などに載せます。

志望動機

履歴書のなかで、もっとも重要な項目です。採用担当者は、この部分を見て「自院について理解しているか」「自院に適した働き方をしてくれる人物か」などを判断します。

「給与が高い」「家から近い」など浅い動機や、また「理念に共感して志望しました」といった抽象的な書き方をせず、応募先の特長をしっかり書いたうえで、どこが魅力に感じたかを詳細に述べましょう。

できるだけスペースが空いてしまわないように、最低でも半分以上は書くのが望ましいです。よりくわしい書き方については、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

失敗しない!看護師の転職に最適な志望動機の書き方

看護師の転職で履歴書を書く際、悩んでしまうのが志望動機の欄ではないでしょうか。応募先に好印象を持ってもらうためには、この内容はかなり重要なポイントとなります。 そこで、応募先は志望動機のどこを見ている ...

自己PR

自分の性格や人間性、看護という仕事の向き合い方・考え方などがわかるような文章が求められます。自分の長所を、看護という仕事や応募先でどう活かしたいか、を書くとよいでしょう。

本人希望記入欄・特記事項

希望する配属先や、譲れない条件などがあれば記入します。ただし休日や給与面など、希望を書きすぎないようにしてください。特になければ「特になし」と記入するだけで問題ありません。

まとめ

このほか、履歴書によっては長所や短所、趣味などの欄がある場合もあります。その際は、応募先に向いている性格であるとアピールできる内容にならないか検討するとよいでしょう。

また、求人に応募する際は履歴書のほかにも看護師免許原本が必要になります。姓や住所の変更などあれば、更新も必要です。しっかり準備しておいてください。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-転職・キャリア

Copyright© メディケアナース , 2020 All Rights Reserved.