転職・キャリア

看護師の産休でやること・確認すべきポイント

投稿日:

看護師には女性が多く、出産による産休や育休を取る方も多いです。

休みのとりやすさや産休中の手当の有無、勤務時間、仕事に復帰するタイミングなどは病院や医療機関により異なります。

看護師の産休でやること・確認すべきポイントや疑問点を紹介します。

産休とは?

産休(産前産後休業)とは、出産する女性が「出産予定日6週前~産後8週まで」計14週間取得できる休暇です。(双子以上の多胎妊娠の場合、産前休暇が14週間になります)

健康保険加入者が産休中に給与の支払いを受けなかった場合、「出産手当金」として標準月額報酬の3分の2が休んだ日の対象期間分受け取れます。「出産育児一時金」とは別のものです。ボーナスの有無は、勤務先により異なるので確認してください。

産前休暇

本人が申請した場合に取得できる休みです。事業所が強制的に休ませることはできず、本人の希望により、出産間近まで働くこともできます。

産後休暇

出産日の翌日から、体調回復のために休む期間です。労働基準法で定められているため、産後8週間はかならず休まなければなりません。ただ、本人が希望し医師の承諾があれば、6週間に短縮できます。

また、育休(育児休業制度)も労働基準法に定められた権利で、原則1年間(産後9週目から子が1歳の誕生日を迎える日まで)取得できます。取得するには条件があり、1年以上同じ雇用主の下での勤務、週2日以上の勤務、雇用関係が1年以内に終了しないことを満たす必要があります。

産休前にするべきこと

産休前は体調に気をつけながら、次のようなことをおこないます。

上司へ報告

妊娠がわかったら、上司(師長など)へ早めに報告し、業務量や時短勤務などの相談をしましょう。忙しい時間は避けて報告するのが良いですが、タイミングを見計らっているうちに伝えるのが遅れないようにします。

ギリギリになってしまうと、産休中の代わりの人を探すのが大変なので、迷惑がかかるかもしれません。特に、クリニックなど少人数スタッフの場合は影響が大きいため、早めに相談します。

産休・育休中のスタッフがいる間だけ「産休代替派遣」の人が働きに来る職場もあります。体調のこともあるので、負担がかからないようにしてもらいましょう。

産休・育休の申請

産休・育休の申請について、上司と相談しながら進めます。出産予定日の確定後、手続きを進めるケースが多いです。

業務の引き継ぎ、職場へのあいさつ

委員会や訪問看護では、後任者への引き継ぎが必要です。休暇中にスタッフが困らないよう、しっかり引き継ぎます。

上司や同僚など、関係者へのあいさつ・報告も、忘れずおこないます。マタニティ用の制服準備やロッカー整理など、雑務があることも。

産休中にするべきこと

産休に入ったら次のことをおこない、出産日まで安静に過ごします。大きなお腹で動くのは予想以上に大変なため、なるべく後回ししないのがおすすめです。

出産手当金などの申請、産後手続きの準備

出産手当金や育児休業給付金、さらに産後必要になる子ども関連の手続きなど、様々な申請があります。事前に調べ、できることは早めにやっておきましょう。

子どもの預け先を探す

復職する場合、子どもの預け先を確定しておくと安心です。保育園入所の申請は、出産前にもおこなえます。24時間託児所のある病院ならその必要はありません。また、復帰する職場へ事前にあいさつしておくと良いでしょう。

ベビーグッズの用意

子どもが生まれると買い物などへ簡単に行けなくなるので、自由に動けるうちに必要品をそろえておくのがおすすめです。

看護師の産休についての疑問

看護師の産休では、次のような点を確認しておきましょう。

産休前、夜勤はしないといけない?

産休前の勤務で、今までどおり夜勤に入るかどうかは、状況によるようです。中には、体調に変化があり夜勤免除を申し出たが、難しいと言われてしまった妊婦さんもいます。

ただ、妊娠中は自分の体が第一なので、何かあって後悔する前に、医師に診断書を書いてもらうなどで夜勤免除してもらうほうがいいかもしれません。

勤務先での出産もあり?

総合病院など産科のある施設に勤務している場合、そこで出産する看護師もいます。勤務先で出産するメリットは、健診などをすぐに受けられる、助成金などが出る勤務先もある、利用者になることでより親身になれるなどがあります。

女性が多い職場は産休をとりやすい?

看護師のように女性が多い職場では、出産を経験した方が多いと事情をわかってくれ、スムーズに産休をとりやすいようです。業務量の軽減にも協力してくれるなど、助かることも。

ただ、「これくらいならできるでしょ」「私のときはもっとやってた」など、人によって体調が異なるにもかかわらず、経験者ならではの心ない言葉を言われることも。すると、退職につながりやすくなってしまいます。

まとめ

年齢が変わるとともに、働き方も変わってきます。今の職場が子育てママにとって働きにくい場合、支援が手厚い職場に転職する方法もあります。産休・育休実績ありの看護師求人や転職募集をチェックしてみてください。

子育てしながら働く場合、日勤のみやパートの看護の仕事に転職する方も多いです。クリニックや訪問看護、検診センター、福祉施設など、様々な出勤形態で看護師が働ける求人はたくさんあるので、ぜひ見てみてください。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-転職・キャリア

Copyright© メディケアナース , 2020 All Rights Reserved.