転職・キャリア

シングルマザー看護師の働き方とは?おすすめの職場6つ

投稿日:

シングルマザーの看護師は、どんな働き方をしているのでしょうか。看護師は比較的高収入のため母子家庭も多く、子どもを保育所に預けながら病院勤務をする方もいます。

子どもの成長をきっかけに転職を考えるケースも多いですが、母親一人で子育てをしている場合、働ける条件が限られます。シングルマザー看護師向きの職場・仕事選びのポイントを紹介します。

シングルマザー看護師が職場を選ぶポイント

離婚する看護師は多く、母子家庭も多いです。理由として、看護師は多忙で夫とのすれ違いが起きやすい、経済的に安定していて自分の収入だけで生活できる場合が多いようです。シングルマザーの職場選びでチェックするべきなのは次のような部分です。

託児所・保育室のある施設

24時間対応の託児所つきの施設なら、時間に縛られず仕事に入れます。すぐ近くに子どもを預けられると、安心して働けます。院内保育があるのは、大きな病院がほとんどです。しっかり収入を得たい方は、保育のある病院を探してみてください。

休みをとりやすい

育児中かつシングルだと、子どもの急な体調不良での早退や、行事で休みをとれるかどうかは重要です。育児中のスタッフが多い職場だと、理解をしてもらいやすいです。子どもがいる事情を理解してくれる職場がおすすめです。

残業・夜勤がない

総合病院の正規などは夜勤シフトがありますが、日中のみ開いているクリニックや健診センターでは、日勤のみで働けます。パートの場合、収入は減りますが、時間内のみの勤務なので保育園も利用しやすいでしょう。

ただ、日勤といっても「~21時まで」など夜遅くまでの場合もあるので、注意してください。

シングルマザー看護師に向いている職場

午前または午後だけなど時間の融通がきくパート・アルバイトの募集が多く、育児と両立しながら働きやすい職場・診療科です。

外来・病棟(日勤のみ)

定時帰宅でき、入院病棟がなく夜勤もない外来や日勤のみの病棟で働くシングルマザーは多いです。パートなら子どもの急な体調不良での休みをとりやすく、委員会などに縛られることもありません。時給も1500円前後と高めです。一定の生活リズムで働けます。

クリニック

家の近所にあるクリニックなら、近場で働けます。夜勤や生死に関わるような症例もなく、余裕をもって働きやすいです。特に、美容外科クリニックは給料が高めです。

ただ、職場により状況がピンキリで、スタッフ数が少ないクリニックでは急な休みがとりにくいことも。人間関係が悪いと大変なので、事前に患者として行ってみるなど下見をするのがおすすめです。

訪問看護

自宅療養する方のお宅へ看護師が訪問し、病気や障がいへの看護をおこないます。日勤のみやパートなど、緊急対応の多い多忙な病院の現場よりも、ゆっくり働けることが多いのが特徴です。

1人で訪問するため判断力が必要になるので、ある程度の看護師経験が必要です。ただ、スタッフ数が少なく残業ありの事業所もあるため、ある程度余裕のある職場か確認してください。

介護施設

老人ホームやデイサービス、福祉施設で働く看護師は、育児中のママやブランクがあって復職した人がほとんどです。そのため、互いの事情をわかって助け合いながら働きやすいです。ただ、オンコールと夜勤の有無は確認してください。

透析

大病院からクリニックまで働ける職場が多く、定時帰宅しやすい診療科です。ただ、土日勤務ありの職場もあるため、確認してください。また、働きやすい病院は離職が少なく、求人が出にくいです。そのため、紹介を頼る、転職エージェントに探してもらうなどの方法があります。

シングルマザー看護師に向いていない診療科

長時間や不規則な勤務が多い次のような職場は独身者向きで、育児中のシングルマザーには難しい傾向があります。

夜勤がある

子どもが小学校高学年~中学生になるまでは、夜勤は難しいです。ただ、夜勤をすると収入は増えます。24時間保育所や寮のある病院、近くに頼れる実家などがあれば、夜勤に入りやすいです。

とはいえ、「夜勤疲れで子どもに余裕を持って接することができなくなった」という意見もあり、家庭を最優先にしたい方には向かないかもしれません。

ICU、救急外来

残業や夜勤に加え、精神・体力的な負担も多い職場です。高収入を得られ高いスキルが身につきますが、育児と両立しながら働くのは厳しいことが多いです。

まとめ

シングルマザーとして生活するのは、予想以上に大変なことも多いです。パートOKなどシングルにやさしい職場を探したり、相談所など頼れる機関に相談したりしてみてください。

子育てしながら条件のいい求人を探すには、転職エージェントを利用したり、今まで目を向けていなかった職場も検討してみたりするのがおすすめです。

訪問看護にご興味のある方はこちら
  • この記事を書いた人
@q25pj9ud

矢口聡子(看護師)

【在籍】日本医科大学第一病院、アレルギー臨床研究所、佐々総合病院、クリニック等、訪問看護ステーション勤務。看護師歴31年。【スキル】訪問看護、精神訪問看護、BOC(口腔ケア)プロバイダー【経歴】1967年生まれ。日本医科大学付属看護専門学校卒。大学病院では小児科(白血病)病棟勤務。総合病院では終末期病棟勤務(レスピレーター管理、看護学生指導担当)。

-転職・キャリア

Copyright© メディケアナース , 2020 All Rights Reserved.